極細線のことなら、《株式会社メカ工業》にご相談ください。

 
   
写真は宮城県と岩手県、そして秋田県をまたぐ形で裾野を広げる標高1,627mの栗駒山です。
その麓、田んぼと森に囲まれた自然豊かな場所にメカ工業があります。
 
約40年前に地元で初めての企業誘致で廃校になった小学校を借り受けて工場を稼働させました。ですから工場は正直お世辞にも立派とは言えません。
 
しかしながら、この工場から出荷された極細銅線はこれまで先端のノートパソコン、携帯電話、デジタルカメラの内部配線、また超音波診断装置や内視鏡といった医療機器用途のケーブルに使われて来ました。
 
アンマッチに思えるでしょうが、先端のコンシューマ製品や医療機器、ロボットの部品はどれもが最新の設備で作られたものではなく、自分達の目で選び抜かれた材料を使い、長い年月積み重ねた技(ノウハウ)と感性で精魂込めて作り上げた製品でもあるのです。
 
メカ工業は「熟練の技」と「革新」をうまく融合し、これからも喜ばれる価値ある製品を作り続けて行きたいと考えています。
 

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらから
 
前月平均
(8月度) 
銅 建 値
653円
 
011847
<<株式会社メカ工業>> 〒989-5333 宮城県栗原市栗駒片子沢外鳥屋4番地1 TEL:0228-45-1558 FAX:0228-45-3034